第9回 話す会 を開催しました

イベント
メイン画像
11月22日(水)、1階イベントコーナーにおいて、患者さんからの質問に当院医師等が直接お答えする「話す会」を開催しました。
第9回目の今回は、「病院薬剤師のお仕事」をテーマに、伊藤善規薬剤部長が、およそ30名の方に話しました。

まず、当院の薬剤師の仕事として、調剤、製剤、病棟での薬や病気についての説明、情報の収集・発信、治験についての業務があることを説明しました。
次に、当院ではチーム医療を意識して動いており、医師、看護師、薬剤師といったスタッフのコミュニケーションが活発で、常に患者さんにとって何が一番か考えていることを強調しました。
薬剤部には相談室があり、薬のことなら何でも無料で相談を受け付けていますが、まだまだ利用する方が少ないため、積極的に利用してほしいとのことでした。
最後に、参加者の方から、町の薬局で薬を買った方がいいのか、それとも病院で処方してもらった方がいいのか質問があり、調子が悪いときはかかりつけの医師に相談し、適切な判断の下、薬をもらう方が安全であると説明しました。
大学病院は高度な医療を提供し、専門性の高い病院なので、比較的軽めの症状においては、まずはかかりつけの医師に相談してほしいことも付け加えて話されました。

次回の「話す会」の開催は、来年の1月を予定しています。ぜひ会場にお越しください。