PET-CTを用いた地域医療連携について

岐阜大学医学部附属病院でのPET検査のご案内

岐阜大学医学部附属病院は、高水準の画像診断により、腫瘍診療および地域医療連携を推進するため、平成19年11月、PET-CTの開始をしましたので、ご案内申し上げます。

FDG-PET(フルオロ・デオキシ・グルコース-PET)とは

FDG-PETは体内のブドウ糖代謝を画像化します。がん細胞は活動性が高く、ブドウ糖を正常細胞より多く取り込みます。FDG-PETはこの性質を利用して良悪性の鑑別やがんの病期・再発診断を行います。

PET-CTとは

PETとCTが一体となった装置で、PETによるグルコース代謝画像とCTによる形態画像を重ね合わせた鮮明な画像により、小さな病変の正確な診断が可能となり、正確な治療へとつながります。当院では16例CTを搭載した最新型PET-CTシステムを導入致しました。

PET検査オーダーの方法

「紹介連絡・予約申込表」、「PET検査保険適応疾患チェックシート」及び「診療情報提供書(紹介状)」を下記の医療連携センターまでファックスください。折り返し、「検査予約票」と「同意書・問診票」をファックスにてご返送いたします。
また、「PET検査保険適応疾患チェックシート」をご入り用の折は、医療連携センターまでご請求ください。
岐阜大学医学部附属病院 PET検査オーダーの方法
岐阜大学医学部附属病院 PET検査オーダーの方法


PET/CT検査保険適応疾患チェックシート

留意事項
 本院では保険適用の対象となるPET/CT検査を実施しております。検診目的の自費検査は実施しておりませんのでご了承ください。ご不明な点があれば、放射線部(アイソトープ室)058-230-7070へご連絡ください。

検査結果報告はスピーディです!

放射線科医10名(PET認定医8名、放射線科専門医7名を含む)が、検査当日に丁寧で分かりやすいPET検査報告書を作成し、翌日午前中には画像とともに報告書を発送します。

皆様のお声をお寄せ下さい

ご不便など生じました際には、忌憚のないご意見をお寄せいただきますよう、心よりお願い申し上げます。

医療機関の方