乳腺外科

吉田 和弘
科長
吉田 和弘

「乳腺外科」は、乳腺の病気を担当する唯一の診療科です(昔から乳腺の病気は婦人科ではなく外科が診ています)。頻度の高い病気には「乳腺炎」や「乳腺症」がありますが、最近、増えているのが「乳がん」です。岐阜大学病院の乳腺外科は、診断と治療に熟練した専門医と最新の器機が整備されているのが特徴です。がん検診や健康診断のほかに地域の診療所や総合病院の検査で発見された乳がんの治療を行っています。一人ひとりの患者さんに最善を尽くすため、事前のカンファレンスで真剣に議論しながら、治療方針や手術術式を決めています。かかりつけ医や紹介医との連携を大切にしていますので、紹介状を持参していただければ、安心して治療が受けられます。

主な疾患・診療内容

乳がん(診断)

わが国でも女性のがんで最も多いのが「乳がん」です。 40 代後半が最も多いのですが、すべての年齢に見られます。「若いから乳がんにならない」「年寄りだから乳がんはできない」と決めつけるのは危険です。乳房のしこりや痛みに素人判断は禁物です。診察だけで乳がんを正確に診断することはできません。まず、専門医がいる病院にかかりましょう。乳房撮影(マンモグラフィー)・超音波検査・針生検を行い、乳がんかどうかを調べます。

乳がん(診断)

わが国でも女性のがんで最も多いのが「乳がん」です。 40 代後半が最も多いのですが、すべての年齢に見られます。「若いから乳がんにならない」「年寄りだから乳がんはできない」と決めつけるのは危険です。乳房のしこりや痛みに素人判断は禁物です。診察だけで乳がんを正確に診断することはできません。まず、専門医がいる病院にかかりましょう。乳房撮影(マンモグラフィー)・超音波検査・針生検を行い、乳がんかどうかを調べます。

乳がん(治療)

時代とともに大きく変化したのが「乳がん」の治療です。昔は「大きく切りとって治す」という方針でしたが、今は「外科や放射線科が共同してできるだけ乳房を残す」という治療が行われるようになりました(乳房温存療法)。過度のリンパ節郭清は腕がしびれて腫れるため、現在は最小限にとどめる技術が導入されています(センチネルリンパ節生検)。薬物療法も世界の標準や日本のガイドラインに基づいて乳がんの専門医が行っています。

乳がん(治療)

時代とともに大きく変化したのが「乳がん」の治療です。昔は「大きく切りとって治す」という方針でしたが、今は「外科や放射線科が共同してできるだけ乳房を残す」という治療が行われるようになりました(乳房温存療法)。過度のリンパ節郭清は腕がしびれて腫れるため、現在は最小限にとどめる技術が導入されています(センチネルリンパ節生検)。薬物療法も世界の標準や日本のガイドラインに基づいて乳がんの専門医が行っています。

線維腺種

若い女性に多いのが「線維腺腫」です。 10 代後半から見られ 20 代に多く、閉経後の女性にはほとんど見られません。大きさが 1 ~ 2cm の丸くて硬いしこりで、パチンコ玉のようにコロコロと触れます。良性の腫瘍ですので、切除する必要はありませんが、 2 ~ 3cm 以上に大きくなる場合や患者さんの希望がある場合は、摘出します。岐阜大学病院では、すべての手術を手術室で行っていますので、外来の患者さんも安心して手術を受けられます。

線維腺種

若い女性に多いのが「線維腺腫」です。 10 代後半から見られ 20 代に多く、閉経後の女性にはほとんど見られません。大きさが 1 ~ 2cm の丸くて硬いしこりで、パチンコ玉のようにコロコロと触れます。良性の腫瘍ですので、切除する必要はありませんが、 2 ~ 3cm 以上に大きくなる場合や患者さんの希望がある場合は、摘出します。岐阜大学病院では、すべての手術を手術室で行っていますので、外来の患者さんも安心して手術を受けられます。

パジェット病

乳頭や乳輪の皮膚に異常を生じるのが「パジェット病」です。乳頭や乳輪に湿疹のようなかさかさ・かゆみ・ただれを生じます。市販の軟膏を塗ってもよくならず、皮膚科に行って初めて診断されることが多いようです。特殊な乳がんと考えられており、高齢者に多いのが特徴です。注意深く調べるとおよそ半数は乳房内にも乳がんがあり、これによって治療法が異なります。乳頭や乳輪の皮膚に異常を感じたら、皮膚科や乳腺外科にかかりましょう。

パジェット病

乳頭や乳輪の皮膚に異常を生じるのが「パジェット病」です。乳頭や乳輪に湿疹のようなかさかさ・かゆみ・ただれを生じます。市販の軟膏を塗ってもよくならず、皮膚科に行って初めて診断されることが多いようです。特殊な乳がんと考えられており、高齢者に多いのが特徴です。注意深く調べるとおよそ半数は乳房内にも乳がんがあり、これによって治療法が異なります。乳頭や乳輪の皮膚に異常を感じたら、皮膚科や乳腺外科にかかりましょう。