麻酔科疼痛治療科

飯田宏樹
科長
飯田宏樹

痛み(ペイン)と一口でいっても、刺すような・えぐるような・締め付けるような・焼けるようななどその表現様式や程度は様々で個人個人によって訴えが違います。しかし、共通していることは非常に不愉快で、恐ろしく、嫌なものの対象となっており、誰もが逃れたい・避けたいと思っていることです。このような難儀な状態である痛み(ペイン)に対して、主として神経ブロック法を応用して診断と治療を行う専門の診療部門(痛みの診療所)が、麻酔科・疼痛治療科(ペインクリニック)です。もちろん、薬物療法、電気刺激療法など理学療法なども補助的に併用されます。
また、麻酔科という字からもわかるように、手術を受けられる患者さんに対するあらかじめの評価・コンサルテーションを行い、患者さんの麻酔や手術に対する不安の軽減を図るとともにより手術という治療のために、より安全に麻酔を提供するように努めています。

神経ブロックとは
細い注射針を用いて、神経やその近くに薬を注入して神経の興奮伝導を遮断します。例えば感覚神経ブロックでは皮膚などがしびれて痛みを感じなくしますし、運動神経ブロックでは筋力が低下したりします。交感神経ブロックでは、その支配部位の血行が良くなったり、痛みが軽くなります。神経が遮断されると聞けば、感覚がなくなったり、手足が動かなくなったりと心配される方もありますが、一時的に遮断する方法と長期的に遮断する方法があって、それぞれ用いる薬を症状や病気により使い分けるので心配はいりません。この方法は痛みの感覚の遮断のみならず、交感神経をブロックし局所の血流を改善し、組織の損傷(きず)の治癒過程を早めます。

主な疾患・診療内容

腰・足の痛み

腰痛は、慢性疼痛の中で最も多いものです。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折など、腰部の脊椎に原因がある場合には、腰痛だけでなく下肢痛が主な症状となることもあります。また、レントゲンやMRIでは特に異常がなくても腰痛が続くことがあり、筋肉や姿勢が原因である可能性も考えられます。慢性の腰痛で最も重要なのは運動療法で、運動療法を促すために有効と考えられる薬物療法や、神経ブロックを行います。神経ブロックは原因や症状に合わせて硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間関節ブロックなどを行います。脊髄刺激療法が適応となることもあります。

腰・足の痛み

腰痛は、慢性疼痛の中で最も多いものです。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折など、腰部の脊椎に原因がある場合には、腰痛だけでなく下肢痛が主な症状となることもあります。また、レントゲンやMRIでは特に異常がなくても腰痛が続くことがあり、筋肉や姿勢が原因である可能性も考えられます。慢性の腰痛で最も重要なのは運動療法で、運動療法を促すために有効と考えられる薬物療法や、神経ブロックを行います。神経ブロックは原因や症状に合わせて硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間関節ブロックなどを行います。脊髄刺激療法が適応となることもあります。

頚・肩の痛み

頸椎にヘルニアや変形がある場合、頚、肩や上肢に痛みやしびれを生じることがあります。整形外科での手術の適応がない場合には、当科で保存的な治療、すなわち薬物療法や神経ブロックを行い、症状の軽快をはかります。

頚・肩の痛み

頸椎にヘルニアや変形がある場合、頚、肩や上肢に痛みやしびれを生じることがあります。整形外科での手術の適応がない場合には、当科で保存的な治療、すなわち薬物療法や神経ブロックを行い、症状の軽快をはかります。

帯状疱疹に関する痛み

帯状疱疹は、皮膚に帯状の発疹と、その部位に痛みが出現する病気です。水痘(水ぼうそう)の原因である「水痘・帯状疱疹ウイルス」が神経を傷害することが原因で発症します。夜も眠れないほどの痛みを伴うことがありますが、通常は発症後2,3週間で発疹の治癒とともに痛みも軽快します。発疹が消失した後も痛みが残る状態が「帯状疱疹後神経痛」であり、非常に治療の難しい痛みの一つです。硬膜外ブロックや星状神経節ブロックを繰り返すようなことは無効であるだけでなくリスクもあり科学的根拠のない治療です。薬物療法と、痛みの部位に合わせた適切な神経ブロックの選択で痛みの軽減をはかります。

帯状疱疹に関する痛み

帯状疱疹は、皮膚に帯状の発疹と、その部位に痛みが出現する病気です。水痘(水ぼうそう)の原因である「水痘・帯状疱疹ウイルス」が神経を傷害することが原因で発症します。夜も眠れないほどの痛みを伴うことがありますが、通常は発症後2,3週間で発疹の治癒とともに痛みも軽快します。発疹が消失した後も痛みが残る状態が「帯状疱疹後神経痛」であり、非常に治療の難しい痛みの一つです。硬膜外ブロックや星状神経節ブロックを繰り返すようなことは無効であるだけでなくリスクもあり科学的根拠のない治療です。薬物療法と、痛みの部位に合わせた適切な神経ブロックの選択で痛みの軽減をはかります。

三叉神経痛

私たちが経験する痛みの中でも非常に頻度の高いものの一つです。ペインクリニックでは慢性の頭痛が治療対象となることが多いですが、慢性頭痛にも片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など様々なものがあり、頭痛の原因により、薬物療法、運動療法、神経ブロック療法等を組み合わせて治療を進めますが、時に危険な頭痛(レッドフラッグ:生命に危険を及ぼす頭痛、今までにない突然の激しい頭痛など)も含まれますので注意が必要です。

三叉神経痛

私たちが経験する痛みの中でも非常に頻度の高いものの一つです。ペインクリニックでは慢性の頭痛が治療対象となることが多いですが、慢性頭痛にも片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など様々なものがあり、頭痛の原因により、薬物療法、運動療法、神経ブロック療法等を組み合わせて治療を進めますが、時に危険な頭痛(レッドフラッグ:生命に危険を及ぼす頭痛、今までにない突然の激しい頭痛など)も含まれますので注意が必要です。

頭痛

私たちが経験する痛みの中でも非常に頻度の高いものの一つです。ペインクリニックでは慢性の頭痛が治療対象となることが多いですが、慢性頭痛にも片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など様々なものがあり、頭痛の原因により、薬物療法、運動療法、神経ブロック療法等を組み合わせて治療を進めますが、時に危険な頭痛(レッドフラッグ:生命に危険を及ぼす頭痛、今までにない突然の激しい頭痛など)も含まれますので注意が必要です。

頭痛

私たちが経験する痛みの中でも非常に頻度の高いものの一つです。ペインクリニックでは慢性の頭痛が治療対象となることが多いですが、慢性頭痛にも片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など様々なものがあり、頭痛の原因により、薬物療法、運動療法、神経ブロック療法等を組み合わせて治療を進めますが、時に危険な頭痛(レッドフラッグ:生命に危険を及ぼす頭痛、今までにない突然の激しい頭痛など)も含まれますので注意が必要です。

眼瞼痙攣・顔面痙攣

眼の周りや、顔面の筋肉が自分の意思に関係なく痙攣する病気です。痙攣が続くのは不快であるだけでなく、重症の場合には顔が突っ張ってゆがんでしまったり、まぶたが開けられずみえなくなってしまったりと、日常生活に影響を及ぼすこともあります。痙攣している筋肉に少量のボツリヌス毒素を定期的に注射することで症状を抑えることができます。

眼瞼痙攣・顔面痙攣

眼の周りや、顔面の筋肉が自分の意思に関係なく痙攣する病気です。痙攣が続くのは不快であるだけでなく、重症の場合には顔が突っ張ってゆがんでしまったり、まぶたが開けられずみえなくなってしまったりと、日常生活に影響を及ぼすこともあります。痙攣している筋肉に少量のボツリヌス毒素を定期的に注射することで症状を抑えることができます。

遷延性術後痛

手術後の痛みが長期間にわたり続くのが「遷延性術後痛」です。遷延性術後痛の発生頻度は意外と多く、手術により異なりますが手術患者さん全体の10〜50%と考えられています。当科では、遷延性術後痛の強さや性状に応じて、薬物治療や神経ブロックを組み合わせた治療を、他施設に先駆けて積極的に取り組んでいます。

遷延性術後痛

手術後の痛みが長期間にわたり続くのが「遷延性術後痛」です。遷延性術後痛の発生頻度は意外と多く、手術により異なりますが手術患者さん全体の10〜50%と考えられています。当科では、遷延性術後痛の強さや性状に応じて、薬物治療や神経ブロックを組み合わせた治療を、他施設に先駆けて積極的に取り組んでいます。