診療上の輸血について

輸血療法についてのお知らせ

岐阜大学医学部附属病院では、患者さまとの信頼関係を第一に考え、すべての医療の実施にあたり説明と患者さまからの同意(インフォームド・コンセント)に努めております。
その中で、最近、宗教上の理由から輸血を拒否される患者さまがおられます。
私たちは、できる限り代替方法を用いて治療を行い、輸血を回避するよう努力いたします。しかし、医療上の判断で輸血をせざるを得ないと判断した場合においては、輸血を拒否される患者に対しては、輸血を実施する立場をとっています(いわゆる「相対的無輸血」)。
今後、当院では、この「相対的無輸血」の立場で診療を行ってまいりますので、ご理解の上、ご協力のほどお願い申し上げます。

当院について

概要

施設案内

取り組み・実績