脳神経外科 出雲 剛

Vol.56

2024.06.28

新人紹介

脳神経外科 出雲 剛

世界で戦えるような"次世代の匠"を育てていくことも、大切な使命です。

     私が小学生のときに祖父が脳内出血で倒れ、手術も何もできない状態で亡くなったことへの無念が、医師を志すきっかけとなりました。
     私の師匠は長崎で"脳血管障害手術の最後の砦"と言われていた永田泉先生で、彼からその跡を継いでほしいと託され、長崎でも私なりに尽力してきました。永田先生の言葉を借りますが「手術は結果がすべて」です。得意とする開頭手術に固執せず、常にベストな治療法を探りながら「私に任せていただいたら絶対に悪くしない」という気持ちで、患者さんに寄り添った全人的医療を提供したいと考えています。
     当院は、高度な脳神経外科医療を提供できるフルスペックの設備を誇ります。そして何より優秀で意欲的な若手が多く、私自身とても良い刺激をもらっています。治療技術の進歩に伴い開頭手術を教えられる医師は減少していますが、だからこそ技術の伝承と若手の育成が必要不可欠です。一人でも多くの患者さんを救い、その技術を次世代につないでいくことで、ここ岐阜から世界で戦える脳外科医を育てていくことが私の長期的な展望でもあり、大切な使命だと思っています。

 
    担当
    脳血管障害(脳動脈瘤、もやもや病、脳動静脈奇形、動脈閉塞狭窄性疾患など)の外科的治療、脳腫瘍の外科的治療、血液脳関門研究

    専門医等
    日本脳神経外科学会専門医・指導医/日本脳卒中の外科学会技術指導医/日本脳卒中学会認定脳卒中専門医・指導医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医/日本神経内視鏡学会技術認定医

 
教えてくれた人・・・
脳神経外科 科長
  1. 出雲 剛先生

  2. 岐阜大学医学部附属病院 脳神経外科ホームページ