患者の権利宣言

岐阜大学医学部附属病院「患者の権利」宣言

私たち岐阜大学病院職員は、患者(意思決定ができない場合は、親権者又は保護者等)が、自らの意思と選択のもとに、最善の医療を受ける以下の権利を有することを宣言します。
  1. 最善の医療を受けること。
  2. 病気や診療内容について、納得できるまで説明を受け、自分の希望や意見(同意・選択・拒否)を述べること、また、そのことにより何ら不利益をこうむらないこと。
  3. 別の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞くこと。
  4. 本院の手続きにそって、自分の診療記録を見ること。
  5. 個人情報が保護され、正当な理由なく第三者に開示されないこと。
  6. 臨床研究などの開発途上にある医療について、十分な情報提供を受けた上で参加の意思決定を行うこと。
  7. ドナーの意思を尊重すること。

患者の皆さんへのお願い

私たち医療スタッフが、患者の権利を尊重し、最善の医療を提供するため、次のことについてご理解とご協力をお願い致します。
  1. ご自身の健康状態について、できるだけ詳細に、正確に私たちに教えてください。
  2. 理解できない診療内容は、納得できるまで質問してください。
  3. 迷惑となるような行為や病院職員の診療業務の妨げとなるような行為をしないでください。
    なお、迷惑行為や診療業務の妨げになる場合は、診療をお断りさせていただく場合があります。
  4. 病院の規則をお守りください。
  5. 大学病院の使命である教育・研究にご協力ください。

当院について

概要

施設案内

取り組み・実績