母体血を用いた出生前遺伝学的検査(母体血胎児染色体検査:NIPT)のご案内

医療機関(産婦人科)の方へ

はじめに

当院では、日本産科婦人科学会の指針や NIPT コンソーシアムの方針に則って臨床研究として検査を実施します。

対象の方

母体血を用いた出生前遺伝学的検査(母体血胎児染色体検査:NIPT)を希望する妊婦さんのうち、以下の条件を満たす方。
  1. 1.妊娠 10 週以降の妊婦さん
  2. 2.以下のいずれかに該当する方
    (「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」(日本産科婦人科学会、日本医学会)より)
  1. 胎児超音波検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された方
  2. 母体血清マーカー検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された方
  3. 染色体数的異常を有する児を妊娠した既往のある方
  4. 高齢妊娠の方(分娩時 35 歳以上)
  5. 両親のいずれかが均衡型ロバートソン転座を有していて、胎児が >13 トリソミーまたは >21 トリソミーとなる可能性が示唆される方
注)多胎妊娠の場合は事前にご相談ください。

外来日と費用

◯当院において、はじめてこの検査を受検される方

当院において、はじめてこの検査を受検される場合、最低3回の受診が必要で、特に第2回目は夫婦そろって来院いただきます。曜日は担当医師の学会出席や出張によって変更させていただく場合があります。検査に関わる受診は、全て自費診療です。
受診回数 外来日 費用
第1回目
(なるべく12週まで)
産婦人科
(火曜日午前)
産婦人科での妊婦検査料
(自費:費用は妊婦さんによって異なります。)
第2回目
(妊娠10週~13週頃)
ゲノム疾患・遺伝子診療センター
(木曜日)
遺伝カウンセリング料、(検査を実施する場合)NIPT 検査料
第3回目
(検査から約2週間後)
ゲノム疾患・遺伝子診療センター
(金曜日夕方)
(検査を実施した場合)遺伝カウンセリング料
合計 産婦人科での妊婦検査料(自費)+約21万円
上記は令和元年10月現在の料金です。今後改定することもあります。

第1回目受診...なるべく12週まで

  1. 医療機関(かかりつけ産婦人科医)から、産婦人科の母体血胎児染色体検査(NIPT外来)枠の初診予約をして下さい。申込書を医療機関より医療連携センター(FAX:058-230-7035)まで送信下さい。日時等を調整後、医療連携センターから原則として約30分以内に予約状況をFAXで返信します。
    (受付時間は平日午前8時30分~午後5時です。午後5時以降送信されたものについては、翌朝返信します。休日の前日の午後5時以降の場合は、休み明けの朝となります。)
  2. 予約日時に、産婦人科へ紹介状・母子手帳・健康保険証等を持参のうえお越し下さい。
  3. 検査の条件に当てはまるかどうか、胎児の状態を確認させていただいた後、次回の予約をとります。

第2回目受診...妊娠10週~13週頃

  1. ゲノム疾患・遺伝子診療センターにて臨床遺伝専門医と遺伝カウンセラーによる遺伝カウンセリングを行います。本検査の実施にあたっては、妊婦さん本人だけでなく、その配偶者(事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む)に検査前後の遺伝カウンセリングを行い、同意していただいた場合に採血を行います。
  2. 遺伝カウンセリング後に採血を行います。

第3回目受診...検査から約2週間後

  1. 検査結果のご報告をします。

◯過去本院において、この検査を受検されたことがある方

過去に本院においてこの検査を受検されたことがある方は、従来の第1回目(産婦人科での妊婦検査)と第2回目(遺伝カウンセリング、採血(検査を実施する場合))の受診を同日に実施することも可能です。妊婦さんが条件を満たしたうえで同日実施をご希望の際には、NIPT外来申込書フォーマットの中の、現在の状況及び特記事項欄中の質問項目「有の場合に限り、NIPTの妊婦検診/遺伝カウンセリング/採血を同日に実施可能です。同日実施を希望されますか?」に「はい」と回答してください。
なお、同日実施の有無にかかわらず、検査等にかかる費用は変わらない旨、お伝えください。また、同日で実施する場合には、初日に遺伝カウンセリングを行うため、夫婦そろって来院いただきます。

お問い合わせ

「ゲノム疾患・遺伝子診療センター(旧遺伝子診療部)に問い合わせ」として、お電話ください。

注意事項・その他

診察予約をするにあたり、多少、お日にちをいただくことがございます。ご了承下さい。