がんセンター

吉田 和弘
センター長
吉田 和弘
鶴見 寿
副センター長
鶴見 寿

がんセンターは、がんに対する「抗がん剤治療、放射線治療、外科手術という最先端のがん治療」を行うのみならず、臨床研究や基礎研究を含めた「先進的ながん治療開発」と「がん患者さんとそのご家族の心と体の痛みの緩和とサポート」を行うことを目指しています。また、当院は、厚生労働大臣から「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定されており、県内のがん診療連携拠点病院間の連携協力体制強化を図るうえで、当院における中心的役割も担っています。

体制

キャンサーボード部門

本部門は、外科系診療科、内科系診療科、放射線科、病理部、薬剤部、看護部などのメディカルスタッフを含めて診療科を横断して患者さんの診断や治療について検討し、連携を図る部門です。具体的には、各疾患に対する、定期的な治療前・治療後のカンファレンスに加え、癌治療戦略検討会(拡大キャンサーボード・ミーティング)を定期的に開催しています。癌治療戦略検討会は、がん診療の協力体制がより一層強くなることを期待し、がん診療への発展を目的として開催しています。院内の医療従事者に限らず院外の医療従事者の方にもご参加いただき、意見交換などを行い、患者さんの治療や管理の質の向上に貢献しています。

放射線治療部門

高精度放射線治療装置ノバリスTxを配置し、ミリ単位で正確な定位照射が可能でIMRTにも対応し精密な照射を行っています。放射治療は、放射線腫瘍医といわれる常勤放射線治療専門医が診察し、様々な検査情報をもとに患者さんの体力や病気の進み具合に合わせ照射方法を決めていきます。照射は、放射線治療専門技師が行っており、また放射線治療専任看護師が常勤しており患者さんには安心して放射線治療を受けていただいております。

化学療法部門

患者さんにより安心して化学療法を受けていただくため、がん治療を専門とする医師ならびに「がん専門薬剤師」を含む薬剤師、「がん化学療法認定看護師」を含む看護師によって化学療法部門を運営しています。そして有効かつ安全な抗がん剤を使用するために、レジメン審査部会において化学療法レジメンを審査しています。また化学療法室運営部門会議を設けて化学療法室の円滑な運営をはかり、より快適な治療を提供できるように努めています。さらに薬剤師や看護師による治療に関する指導も実施しており、抗がん剤の注意点や副作用などについてまとめたパンフレットも作成し、患者さんの不安を軽減するよう常に心がけて取り組んでいます。

緩和ケア部門(緩和ケアセンター)

急性期病院である当院においては、終末期や臨死期に限らず早期がん患者にも対応しています。また、症状緩和をより短期間に図り、在宅療養につなぐ短期緩和医療にも重点を置くことを目指します。これらの医療を円滑に遂行するためには、医師・看護師・薬剤師・栄養士からなる緩和医療チーム(コアチーム)と、各診療部門より推薦のあったスタッフや看護師から成るサポートチームで構成されたメンバーの協力を得て身体症状、精神症状のある患者及びその家族に対する緩和医療を積極的に行っています。

臨床研究部門

治験は、新たな治療薬や新しい治療方法についての効果や安全性を確認して、国の承認を得ることを目的に実施される臨床試験です。臨床研究は、個人あるいは集団としての人を対象としたあらゆる研究をいい、そのうち臨床試験は診察現場において特定の治療や診断検査の有効性等を検証する研究になります。当院では、より多くの患者さんが最先端の治療を受けられるよう治療の標準化を目指して、積極的に臨床試験に参加しています。

教育研修部門

がん医療に携わる医療従事者を対象にさまざまな教育研修活動を企画しています。高度のがん医療に関する研修会や地域がん診療連携拠点病院で専門的ながん医療を行う医師、薬剤師、看護師等を対象とした研修会を実施しております。また、各種製薬会社が主催するがんの講演会などにも後援として携わっております。 これまで、がん医療総論から各種がんの各論まで幅広く企画してまいりましたが、今後は、より実践的な内容を取り込んだ企画も検討しています。なお、がん専門医を目指す方々や大学院生の方は、がんプロフェッショナル養成講座企画の研修会も利用して頂けます。

情報管理部門

がん登録の精度向上のために、岐阜県内の拠点病院の協力を得て、県内のがん登録実務者の育成・スキルアップを図るため、岐阜県院内がん登録勉強会を開催しています。岐阜県と協同し、岐阜県がん情報センター事業により岐阜県がん患者支援情報提供サイト「ぎふがんねっと」を開設し、がんに関する信頼のおける情報をわかりやすく提供しています。

病診連携部門

「がん相談支援センター」を設置し、がん患者さんやそのご家族からの相談(就労相談含む)に対応するための窓口を整備しました。また、がん患者さんやそのご家族の方が気軽に立ち寄れるサロンを開催しておりますので、不安や悩みを語り合える場として多くの方に利用していただいています。地域の医療機関とも「地域連携クリニカルパス」を介して連携体制を結んでおりますので、退院後も専門病院とかかりつけ医の共同した診療を受けられることや患者さん自身が治療内容を確認しながら安心して治療に専念できる仕組みを作っています。

体制

キャンサーボード部門

本部門は、外科系診療科、内科系診療科、放射線科、病理部、薬剤部、看護部などのメディカルスタッフを含めて診療科を横断して患者さんの診断や治療について検討し、連携を図る部門です。具体的には、各疾患に対する、定期的な治療前・治療後のカンファレンスに加え、癌治療戦略検討会(拡大キャンサーボード・ミーティング)を定期的に開催しています。癌治療戦略検討会は、がん診療の協力体制がより一層強くなることを期待し、がん診療への発展を目的として開催しています。院内の医療従事者に限らず院外の医療従事者の方にもご参加いただき、意見交換などを行い、患者さんの治療や管理の質の向上に貢献しています。

放射線治療部門

高精度放射線治療装置ノバリスTxを配置し、ミリ単位で正確な定位照射が可能でIMRTにも対応し精密な照射を行っています。放射治療は、放射線腫瘍医といわれる常勤放射線治療専門医が診察し、様々な検査情報をもとに患者さんの体力や病気の進み具合に合わせ照射方法を決めていきます。照射は、放射線治療専門技師が行っており、また放射線治療専任看護師が常勤しており患者さんには安心して放射線治療を受けていただいております。

化学療法部門

患者さんにより安心して化学療法を受けていただくため、がん治療を専門とする医師ならびに「がん専門薬剤師」を含む薬剤師、「がん化学療法認定看護師」を含む看護師によって化学療法部門を運営しています。そして有効かつ安全な抗がん剤を使用するために、レジメン審査部会において化学療法レジメンを審査しています。また化学療法室運営部門会議を設けて化学療法室の円滑な運営をはかり、より快適な治療を提供できるように努めています。さらに薬剤師や看護師による治療に関する指導も実施しており、抗がん剤の注意点や副作用などについてまとめたパンフレットも作成し、患者さんの不安を軽減するよう常に心がけて取り組んでいます。

緩和ケア部門(緩和ケアセンター)

急性期病院である当院においては、終末期や臨死期に限らず早期がん患者にも対応しています。また、症状緩和をより短期間に図り、在宅療養につなぐ短期緩和医療にも重点を置くことを目指します。これらの医療を円滑に遂行するためには、医師・看護師・薬剤師・栄養士からなる緩和医療チーム(コアチーム)と、各診療部門より推薦のあったスタッフや看護師から成るサポートチームで構成されたメンバーの協力を得て身体症状、精神症状のある患者及びその家族に対する緩和医療を積極的に行っています。

臨床研究部門

治験は、新たな治療薬や新しい治療方法についての効果や安全性を確認して、国の承認を得ることを目的に実施される臨床試験です。臨床研究は、個人あるいは集団としての人を対象としたあらゆる研究をいい、そのうち臨床試験は診察現場において特定の治療や診断検査の有効性等を検証する研究になります。当院では、より多くの患者さんが最先端の治療を受けられるよう治療の標準化を目指して、積極的に臨床試験に参加しています。

教育研修部門

がん医療に携わる医療従事者を対象にさまざまな教育研修活動を企画しています。高度のがん医療に関する研修会や地域がん診療連携拠点病院で専門的ながん医療を行う医師、薬剤師、看護師等を対象とした研修会を実施しております。また、各種製薬会社が主催するがんの講演会などにも後援として携わっております。 これまで、がん医療総論から各種がんの各論まで幅広く企画してまいりましたが、今後は、より実践的な内容を取り込んだ企画も検討しています。なお、がん専門医を目指す方々や大学院生の方は、がんプロフェッショナル養成講座企画の研修会も利用して頂けます。

情報管理部門

がん登録の精度向上のために、岐阜県内の拠点病院の協力を得て、県内のがん登録実務者の育成・スキルアップを図るため、岐阜県院内がん登録勉強会を開催しています。岐阜県と協同し、岐阜県がん情報センター事業により岐阜県がん患者支援情報提供サイト「ぎふがんねっと」を開設し、がんに関する信頼のおける情報をわかりやすく提供しています。

病診連携部門

「がん相談支援センター」を設置し、がん患者さんやそのご家族からの相談(就労相談含む)に対応するための窓口を整備しました。また、がん患者さんやそのご家族の方が気軽に立ち寄れるサロンを開催しておりますので、不安や悩みを語り合える場として多くの方に利用していただいています。地域の医療機関とも「地域連携クリニカルパス」を介して連携体制を結んでおりますので、退院後も専門病院とかかりつけ医の共同した診療を受けられることや患者さん自身が治療内容を確認しながら安心して治療に専念できる仕組みを作っています。