Information

診療案内

About treatment

診療について

岐阜大学医学部附属病院皮膚科では、地域の患者さんだけでなく遠方から来ていただく患者さんに適切な医療を提供できるよう診療を行っております。
また救急および時間外の患者さんも受け入れております。

病診連携

病診連携

私たちは、関連病院の先生方、地域のクリニックの先生方とともに研究会や岐阜皮膚科医会など定期的な交流を行っています。ご紹介いただいた患者さんの診断・治療についてフィードバックを心がけています。
病診連携を密にすることで、患者さんにより良い皮膚科医療の提供を目標にしています。

Consultation day

診療日のご案内

診療日の詳細は岐阜大学医学部附属病院のホームページもご参照ください。

初診・再診

初診

岩田 浩明

岩田 浩明

水谷 陽子

再診

水谷 陽子
/川瀨 香奈
交代制

市來 尚久
交代制

太和田 知里
/松尾 真帆
/戸崎 凪映

井上 円
交代制

診療日および時間・担当医等が変更になる場合があります。

症状の急激な変化がある場合は、時間外でも対処いたします。

専門外来

腫瘍

9:00-11:30井上 円

乾癬

13:30-16:00水谷 陽子
/松尾 真帆

レーザー

13:00-14:30水谷 陽子
/川瀨 香奈

光線治療

14:00-15:30交代制

14:00-15:30交代制

膠原病

9:00-11:30市來 尚久

アトピー

14:00-16:30丹羽 宏文
/川瀨 香奈

脱毛症

13:30-16:30太和田 知里

診療日および時間・担当医等が変更になる場合があります。

専門外来は、原則としては初診あるいは再診後に予約させていただきます。

症状の急激な変化がある場合は、時間外でも対処いたします。

手術および皮膚生検

皮膚生検 小手術

13:30-15:30交代制

入院手術日

13:30-15:30戸崎 凪映

13:30-15:30井上 円

診療日および時間・担当医等が変更になる場合があります。

手術・皮膚生検は、原則としては初診あるいは再診後に予約させていただきます。

症状の急激な変化がある場合は、時間外でも対処いたします。

Introduction

専門外来の紹介

専門外来は、初再診後に予約させていただきます。初めて当科を受診される方は、初診を受診下さい。

腫瘍外来

腫瘍外来

診療時間
月曜日 9:00-11:30
担当医
井上

良性腫瘍から悪性腫瘍まで、幅広く診療しております。特に悪性腫瘍については、他科とも連携を取りながら、時には合同手術も行い、患者さんに適切な医療を提供できるよう努めております。

乾癬外来

乾癬外来

診療時間
月曜日 13:30-16:00
担当医
水谷 松尾

乾癬の治療は、毎年のように新薬が登場しています。私たちは、新薬はもちろん従来の薬剤と治療も組み合わせて、患者さん一人ひとりに合わせた治療を提供できるよう心がけています。
また、クリニックの先生と連携をして通院負担の軽減を図りながら、大学病院のバックアップ体制も構築しています。

レーザー外来

レーザー外来

診療時間
木曜日 13:00-14:30
担当医
水谷 川瀬

赤ちゃんから大人まで、あざでお困りの患者さんにレーザー治療を行っています。代表的な疾患としては、単純性血管腫、乳児血管腫(いちご状血管腫)、太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性刺青などがあります。
また、レーザー治療中や治療後の日常的なケアのアドバイスなども行い、丁寧な治療を心がけています。

光線治療外来

光線治療外来

診療時間
水曜日・金曜日 14:00-15:30
担当医
交代制

紫外線治療ではUVA(長波長紫外線)またはUVB(中波長紫外線)を用いて皮膚疾患の治療を行います。当院で主に行っているのはナローバンドUVB療法で、311±2nmの中波長紫外線を皮疹に照射します。全身照射型と局所照射型の2種類の機器があります。
乾癬、類乾癬、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、尋常性白斑、菌状息肉症、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹等が適応になります。外来での治療になり、症状によって照射機器の種類や照射時間、通院回数等は異なります。

膠原病外来

膠原病外来

診療時間
水曜日 9:00-11:30
担当医
市來

膠原病とは体内の免疫異常によって起こる疾患で、それぞれ特有の病変が全身に生じます。全身性エリテマトーデス、強皮症、シェーグレン症候群、皮膚筋炎などが含まれ、皮膚症状を中心に診療にあたっています。
多臓器に合併症を有することが多いため、関連する複数の診療科による横断的・総合的な診療を提供しています。

アトピー外来

アトピー外来

診療時間
水曜日 14:00-16:30
担当医
丹羽 川瀬

アトピー性皮膚炎の治療は昨今目覚ましい進歩を遂げています。外用剤のみではコントロール不良な中等症以上の患者さんには、外用剤に加え生物学的製剤(注射)やJAK阻害剤(内服)といった薬剤を併用することで、良好な治療成績が得られております。
また薬剤によっては、使用の際に採血や画像検索が必要なため、安全第一を心がけています。

脱毛症外来

脱毛症外来

診療時間
金曜日 13:30-16:30
担当医
太和田

脱毛は円形脱毛症、びまん性脱毛症、瘢痕型脱毛症、膠原病や甲状腺疾患等に伴う脱毛症など、様々な原因で起こります。
症状や病状にあわせて、外用・内服療法、SADBEまたはDPCPによる免疫療法、光線療法、ステロイド局注療法や、3~4日間の入院でステロイドミニパルス療法などを行います。
地域の先生方と連携を取りながら、適切な治療ができるよう努めてまいります。

For medical personnel

患者さんのご紹介について

岐阜大学皮膚科学教室では、治験や臨床研究など先進的な治療および検査の提供も行っています。
乾癬、アトピー性皮膚炎、自己免疫性水疱症(天疱瘡および類天疱瘡)について情報を知りたい医療関係者の方は、以下にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

メールアドレスderma24*t.gifu-u.ac.jp

岐阜大学医学部附属病院 皮膚科 外来医長 水谷 陽子

メールにてご連絡いただく場合は、上記アドレスの「*」を「@」に変更してください。