重粒子線がん治療施設検討コンソーシアム

設立目的

岐阜県が平成28年度に設置した「岐阜県最先端がん治療施設導入検討委員会」中間報告書において、「今後、粒子線治療施設の開設に意欲ある県内の病院が中心となって、他県の関係機関等と連携しさらに検討を深めることを期待」するとされたことを受けて、同中間報告書において検討する必要があるとされた課題について、コンソーシアムを設立して検討を行い、重粒子線がん治療施設の設置の可能性を探ることを目的とする。
岐阜県最先端がん治療施設導入検討調査中間報告書

構成者

  1. 朝日大学
  2. 木沢記念病院
  3. 岐阜県医師会
  4. 岐阜県総合医療センター
  5. 岐阜県病院協会
  6. 岐阜大学医学部附属病院
  7. 名古屋大学医学部附属病院
  8. 松波総合病院

業務

  1. 重粒子線がん治療施設導入に向けた課題等の検討
  2. 上記検討を行うための協力者の募集
  3. その他(1)、(2)に掲げる事業に附帯又は関連する事業構成者