地域連携パス

 病院と診療所が同じフォーマットで診療を進める地域連携パスは、現在積極的に現場で運用が推進されており、これにより医療の標準化と、医療資源の節約が可能になります。当院では平成18年より「岐阜地域医師会連携パス」をはじめとする地域連携パスの運用支援を開始しました。また平成22年9月よりパスコーディネーターを配置し、現在では5大がん、前立腺がん、脳卒中、糖尿病パスなどスムーズな地域連携パス運用に向け取り組んでいます。

医療連携センター