医療福祉相談

 病気や怪我での療養に伴って、病気や怪我そのものへの不安のほかに、生活上の心配事や社会的・心理的な不安や困惑から様々な問題や困ったことなどが生じてきます。
 心配や困ったことがあるが、「どこで相談したら良いのか分からない」、「誰に相談したら良いのか分からない」。その様な時には、医療連携センターのソーシャルワーカーにご相談ください。
 ソーシャルワーカーは医療福祉の専門員として、患者さん、ご家族が安心して 治療や療養が続けられるよう、適切なアドバイスや情報を提供し、問題解決のお手伝いをさせていただきます。
まずはご相談ください。(ご相談は無料で、相談内容は守秘します。)

相談内容一例

  1. 入院費、治療費や生活費など経済的な心配
  2. 社会保障、社会福祉制度の利用相談
  3. 療養中における諸々の心配や不安に対する相談
  4. 家庭での看護や介護についての心配や不安
  5. 転院や施設の利用について
  6. 退院後の日常生活に対する心配や不安

上記以外の心配や不安などについてもご相談にのります。一人で悩まないでご相談ください。

相談するにはどうすればいいの?

    外来の方

  1. 原則、面談の予約は不要ですが,不在または患者対応中の場合には,お断りする場合もございますのでご了承願います。できるだけ、ゆっくりと相談に対応させていただくためにも、事前に相談の日時を連絡いただけますようお願いいたします。

    入院中の方

  1. 入院中の患者さんは、主治医または看護師へ相談の依頼をしてください。
  2. 相談時間は診療時間と調整した後、相談をお受けいたします。

相談時間・相談室の場所について

相談時間 平日 9:00~17:00(祝・休日・年末年始を除く)
せっかくおいでいただいてもソーシャルワーカーが不在の時がありますので、できるだけ事前にお約束のうえ、おいでくださいますようお願いいたします。不在の折はどうぞご容赦願います。

相談員

ソーシャルワーカー(社会福祉士・精神保健福祉士)

相談場所

岐阜市柳戸1番1 岐阜大学医学部附属病院
医療連携センター 相談室

相談窓口

医療連携センター